校長挨拶

TOPへ戻る

 
 さいたま市立下落合小学校
第18代校長 横井 寿彦


 本校は、昭和29年4月に開校して以来、65年目を迎えました。近年は、児童数・学級数の微増が続き、今年度は児童数816名、通常学級24、特別支援学級2でスタートしました。
  地域に育まれ、伝統に支えられながら、落ち着きと潤いのある学校生活を重ねる中で、自らの未来を切り拓いていける、明るく元気な児童の育成を目指し、教職員一同努力してまいります。

 学校教育目標
「よく考える子 思いやりのある子 明るく元気な子」

 スローガン
 「ゆめをもち、未来を切り拓く、下落合小の子どもたち」

保護者・地域の皆様と十分なコミュニケーションを図りながら、それぞれの果たすべき役割をしっかりと意識した教育活動を展開してまいります。

マスコット
 
「しんとんとん」
  ちょっと変わった名前ですが、さいたま新都心から子どもたちの輝く未来に向けて、希望の扉を開ける時、大きく響くノックの音をイメージして命名しました。原案は児童たちから募集し、実行委員さんがデザインしてくれました。ぬいぐるみも作られ、児童会のマスコットとして受け継がれています。